JR大阪駅に入線する寝台特急「トワイライトエクスプレス」の最終列車=12日午前11時11分、大阪市北区、筋野健太撮影コピーライトマーク 朝日新聞 JR大阪駅に入線する寝台特急「トワイライトエクスプレス」の最終列車=12日午前11時11分、大阪市北区、筋野健太撮影

 大阪―札幌間1500キロを22時間かけて走る人気寝台特急「トワイライトエクスプレス」の最終便が12日、JR大阪駅を出発した。四半世紀以上にわたって親しまれたJR西日本の看板列車で、地球470周分、約1900万キロを走った。10日と11日発は悪天候を見込んで運休したが、ラストランは予定通り。「走るホテル」の雄姿を見送ろうと、ホームには約3500人のファンがあふれた。

 トワイライトは午前11時11分、大阪駅の10番ホームに入線。一瞬で予約完売したプラチナチケットを手に入れた乗客のほか、カメラを手にした鉄道ファンらが車両を囲み、最後の雄姿を写真に収めた。京都市左京区から来た小崎豊子さん(83)は亡き夫と15年前に乗った思い出の車両に、息子夫婦と一緒に乗った。「もう乗ることがないと思うとさみしい」。横浜市中区の加藤和子さん(68)は初めての乗車だ。「日本海の景色が楽しみです」と笑った。

 大阪発の最終便には車掌が3人乗り込み、13日未明予定の青森駅着まで乗務する。職場の先輩に「Twi(トワイ)ラスト」と彫ったはんこを託された。記念の乗車証明書などに押し、乗客に渡すつもりだ。