2015年01月31日

赤城乳業 旨ミルク



img_0.jpg
赤城乳業 旨ミルク
今日のおやつに食べましたがミルクの味が練乳のような甘さでした。


posted by 白ウサ at 19:18| 新潟 ☔| Comment(0) | おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダン、人質安否に固執 「イスラム国」は沈黙

ヨルダン、人質安否に固執 「イスラム国」は沈黙

朝日新聞デジタル

 人質となったヨルダン軍パイロットは生きているのか。生存の証拠を示すよう強く求めるヨルダン政府に対し、過激派組織「イスラム国」からの具体的な反応はない。フリージャーナリスト後藤健二さんの救出にも直結する条件だ。膠着(こうちゃく)状態が続く交渉に、ヨルダン世論はいらだつ。

 「サジダ・リシャウィ死刑囚の命は『イスラム国』次第だ」。人質交換の「期限」が迫っていた29日午後、ヨルダン治安当局高官は地元メディアに語った。「イスラム国」が、拘束しているヨルダン軍パイロットのムアーズ・カサースベ中尉を殺害すれば、リシャウィ死刑囚の刑を執行することを示唆したものだ。

ヨルダン国王の写真を掲げ、拘束中のヨルダン軍パイロットのムアーズ・カサースベ中尉の救出を訴える人々=30日正午、アンマン、三浦英之撮影コピーライトマーク 朝日新聞 ヨルダン国王の写真を掲げ、拘束中のヨルダン軍パイロットのムアーズ・カサースベ中尉の救出を訴える人々=30日正午、アンマン、三浦英之撮影

 「イスラム国」が「ボールはヨルダン側にある」としたのを投げ返した形。だが、期限から丸1日が過ぎても「イスラム国」は沈黙している。

 過激派に詳しいエジプトのジャーナリスト、サラ・ディーン・フセイン氏は「敵を不安に陥れ、心理的にもてあそぶのは『イスラム国』の常套(じょうとう)手段だ」と指摘する。

 カサースベ中尉の生存の証拠を求めたヨルダン政府に対し、「イスラム国」は生死を明かさない。ヨルダンが焦りを見せれば見せるほど、「イスラム国」は弱みにつけ込んで新たな条件を切り出してくることも考えられる。




posted by 白ウサ at 12:15| 新潟 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月30日のつぶやき


























posted by 白ウサ at 00:01| 新潟 ☔| Twitter(つぶやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。